2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Oct 29 2012

温総理、政治改革の重要性を強調「前進あるのみ」

 中国の温家宝総理は14日午前、全国人民代表大会(全人代=国会)閉幕後に、北京の人民大会堂で記者会見し、国内外の記者からの質問に答えた。
 
 シンガポール「聯合早報」記者 総理が近年、政治体制改革に何度も言及していることが大きな関心を呼んでいる。政治体制改革に繰り返し言及するのはなぜか。政治体制改革の難しさはどこにあるか。
 
 温総理:政治体制改革については、これまで十分に説明してきた。この問題に関心を寄せる理由は、責任感によるものだ。四人組の打倒後、中国共産党は若干の歴史問題に関する決議を採択し、改革開放に乗り出した。だが「文革」の過ちと封建制度の影響を完全に取り除くことはできなかった。
 
 経済発展に伴い、所得分配の不公平や信頼の欠如、汚職・腐敗などの問題が生じた。こうした問題を解決するには、経済体制だけでなく、政治体制、特に党と国家の指導者制度を改革する必要がある。

 改革は現在、正念場に来ている。政治体制改革を成功させなければ、経済体制改革の徹底はありえない。これまで収めた成果を失うことにもなりかねない。社会が直面する新たな問題も根本的な解決が図れず、文化大革命のような歴史的悲劇が繰り返される恐れもある。党員と指導幹部の一人一人がこうした緊迫感を持つべきだ。
 
 改革の難しさも熟知している。いかなる改革にも、人民の覚悟と支持、意欲、創造の精神が不可欠となる。中国のような13億の人口を抱える大国であれば、さらに国情を踏まえた上で、社会主義民主政治を段階的に構築する必要がある。たやすいことではないが、改革は立ち止まることも後戻りすることもできない。前進あるのみだ。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年3月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古