2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:25 Jun 15 2012

張春賢氏:マイクロブログの行政への活用を重視

 全国両会(全国人民代表大会と全国政協会議)の新疆ウイグル自治区代表団公開日、100人を超える国内外の記者が張春賢書記を囲んだ。テロ対策の進展からストリート・チルドレンまで、マイクロブログの行政への活用から現代文化の先導まで。張書記は重い風邪による声のかすれも気にせず、自治区の長期安定策について詳細に回答。報道陣から「開放的」「進歩的」と称賛された。

 マイクロブログの行政への活用について張書記は「私は昨年の両会期間、マイクロブログという非常によいツールを活用するため、アカウントを開設して、人民大衆のニーズの把握に努めた。アカウント開設はみなから大いに支持された。前もって予告し、専門会議も招集したうえで、両会終了後にアカウントを閉じたが、書き込みは真剣に整理し、1件1件回答した」と説明。さらに「非常に喜ばしいことに、こうした形で自治区がマイクロブログの面で大きく進展し、この1年間に穆?礼甫(音訳)、黄三平、全人代代表の田文など幹部多数がアカウントを開設した。多くの教授や事業体もアカウントを開設した。自治区においてマイクロブログはすでに、政治やニーズについて人民の声を聞く良好なプラットフォームとなっている。今後もこの流れは発展していくと信じている。私も一層重視し、マイクロブログの活用を支持し、より多くの人民大衆の声が各級指導幹部に直接届くようにする」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古