2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:27 Jun 15 2012

南中国海問題:関係国は米国のやり方に警戒せよ

 フィールド在日米軍司令官は15日、東京で記者会見し、「南中国海で影響力を拡大し続けている中国」に対し、「航行の自由を尊重し、責任ある行動を取る」よう要求した。米軍上層部が再び南中国海の航行の安全を口実に、中国に矛先を向けた。実に無責任な行動だ。

 責任ある行動とは何か?中国より多くの軍艦を南中国海に派遣し、明らかに中国を標的にした周辺国との合同軍事演習を頻繁に行い、機に乗じて軍事同盟を構築しようとする。これが責任ある行動といえるのか?徒党を組んで、米国と中国との間で線引きをして陣営に加わるようアジア諸国に無理強いし、さらには中国と周辺国との協力に故意に泥を塗る。それでも責任ある行動といえるのか?

 現在、南中国海は平穏で、米国を含む全ての国の艦船が航行の自由を十分に享受している。米国のこの司令官は基本的な事実を見落としている。アジア太平洋経済がこれほど急速に発展した理由は南中国海の航行の自由と密接に関係しているし、米国とアジア太平洋地域の経済・貿易関係が拡大を続けている理由も南中国海の航行の自由と切り離せないのだ。

 南中国海の航行の自由を享受する一方で、わざと波風を立て、航行の安全の問題を繰り返し続ける。これは決して無知によるものではなく、南中国海の航行の安全の問題と領有権係争との実質的な相違を故意にごちゃ混ぜにし、入念に世論を形成することで、自国の戦略を堂々と推進するための地ならしをしているのだ。

 実際には、いわゆる南中国海の航行の安全なる問題は、米政府が「南中国海の島々の領有権係争は米国の国益に関わる」と主張した後に初めて出現し、アジア太平洋重視という米国の新軍事戦略に伴いヒートアップしたものだ。これは南中国海の航行が自由か否かとは全く無関係で、「アジア回帰」戦略実施のために打った米国の一手に過ぎないのだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古