2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:27 Jun 15 2012

李克強副総理:改革は難関攻略の時期に

 李克強副総理(中共中央政治局常務委員)は18日、「中国発展ハイレベルフォーラム2012」の開幕式で式辞を述べた。

 李副総理は「安定の中で進展を図り続け、内需拡大に立脚し、イノベーションという新たな駆動力を強化し、改革開放に依拠して、経済成長パターンの転換を加速し、経済構造を調整し、長期的で安定した比較的速い経済成長を維持しなければならない」と指摘。「世界経済の回復と成長の展望はなお不透明で、不確定、不安定要素が多い。中国経済は安定した比較的速い成長を維持し、長期好調のファンダメンタルズに変りはないが、不均衡、不協調、持続不能性という発展の過程における問題が依然目立つ。発展の基調・主軸に関する第12次五カ年計画の要求と第11期全人代第5回会議で承認された政府活動報告の計画に沿って、安定の中で進展を図るとの全体基調を押さえ、安定した比較的速い経済成長と物価水準の基本的安定を維持し、経済成長パターンの転換、改革開放の深化、民生の保障・改善において新たな突破口を開くべく努力しなければならない」と述べた。

 さらに「経済成長パターンの転換の加速、長期的で安定した比較的速い経済成長の促進は、経済構造の調整を重点的方向とし、内需拡大に戦略的基点を置く。内需拡大の最大の潜在力は都市化にある」と強調。「経済・社会発展にとって最大の活力はイノベーションだ。発展にはパターンの転換が必須だ。パターン転換の根本は体制・制度のイノベーションにある。改革開放は経済モデル転換の実現と現代化の推進にとって強大な原動力だ。中国の改革はすでに難関を攻める時期に入っている」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古