2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:27 Jun 15 2012

自民党総裁「現在の状況は軍部の台頭した時期と似ている」

 日本の自民党の谷垣禎一総裁は18日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が熱烈に支持されている現在の政治状況について、日本軍部やヒトラー、ムソリーニが台頭した際を想起させると警鐘を鳴らした。日本メディアの報道を中国新聞網が伝えた。

 谷垣氏は京都府内で講演し「昭和10年代(1935~1944年)の日本では、政党政治が無能なために軍部が出てきた。ヒトラーやムソリーニが出てきた時もそのような政治的雰囲気だったのだろう」と述べた。

 維新の会については「(次期衆院選選挙公約に相当する)維新八策には問題点が少なからずあり、方向性の明確な政党になるかは未知数だ」と指摘。同時に「既成政党に期待できないとの気持ちから、第三極に人々の期待が集まっている。議会政治家はこの点をしっかりと認識し、国民の批判を受け入れる必要がある」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古