2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:28 Jun 15 2012

中国外交部、朝鮮の衛星打ち上げに懸念

外交部の洪磊報道官

 朝鮮が人工衛星「光明星3号」を4月中旬に打ち上げる計画を発表したことに対し、中国外交部の洪磊報道官は19日の定例記者会見で懸念を示した。洪報道官のコメントは以下の通り。
 
 -----朝鮮が衛星の打ち上げを強行しようとしているが、中国はどう対応するか。朝鮮の行為は国連安保理の決議に反していると考えるか。
 
 「中国外交部の張志軍副部長が16日、朝鮮の池在龍(チ・ジェリョン)駐中大使と会談した。両国関係や朝鮮半島の情勢について意見交換を行い、朝鮮が人工衛星打ち上げ計画を発表したことに対する中国の関心と憂慮を伝えた」
 
 「朝鮮の計画と国際社会の反応を注視している。朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安定を守ることは各国の責任で、それぞれの利益にも合致する。関係各国には、事態を悪化・複雑化させないよう冷静な対応を望む」 (編集YT)

 「人民網日本語版」2012年3月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古