2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:28 Jun 15 2012

アジアが世界最大の武器輸入地域に 1位はインド

資料写真:インドの先鋭な武器

 ◆武器輸入国トップ5、すべてアジア

 ストックホルム国際平和研究所が19日発表した報告によると、アジア太平洋地域のこの5年間の武器輸入量が世界全体の44%を占めた。この割合は欧州 (19%)、中東(17%)、米国(11%)、アフリカ(9%)を大きく上回る。

 この5年間の世界の武器取引はその前の5年間(02~06年)との比較で24%増となり、武器輸入国のトップ5にはいずれもアジアの国が入った。インドだけでこの5年間の武器輸入量が世界の10%を占めた。2位以下は韓国(6%)、パキスタンと中国(それぞれ5%)、シンガポール(4%)となっている。米国は最大の武器輸出国だった。

 ◆インドの国防費拡大に隣国が懸念

 インドの新年度国防予算は約386億ドルと、前年比17%増に達した。パキスタンの主流メディアは19日、インドの大幅に増加する国防費に隣国が懸念を示していると発表。

 インドの国防予算のうち、17億5000万ドルを拠出して最新鋭の装備を導入する計画。インドはまた、戦闘機「ミラージュ2000」51機の改良を進めると同時に、多目的戦闘機126機購入に関してフランスと、145門の超軽量型榴弾砲購入について米国と協議している。同紙は、インドの国防費の大幅な増加はすでに安全保障の需要を超えており、隣国は懸念していると伝えた。

 同紙はさらに、「インドのトップは民衆のニーズを無視するべきではない。インドは中産階級が急速に拡大する一方、深刻な貧困問題にも直面しており、世界で最も多い非識字者を抱えている。インドの国防予算の急増は隣国に誤った情報を伝え、人々に南アジアの緊張情勢を想起させる」と報じた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年3月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古