2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:29 Jun 15 2012

米国、朝鮮に衛星打ち上げの再考を求める

 米国務省のヌーランド報道官は20日の定例記者会見で、衛星打ち上げという朝鮮の決定について「極めて誤った策だ」と指摘。米国は朝鮮の政権が「信頼に値するか」「約束を守るか」を注視しているとして、決定の再考を求めた。

 ヌーランド報道官は「朝鮮が国際原子力機関(IAEA)査察官の訪朝を要請したことについてIAEAと協議している。IAEAはまだ対応を決めていない。米日韓は今春遅くに3カ国会談を開き、地域の共通関心事について話し合う。朝鮮問題が主要議題となる」と述べた。

 ローズ米大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)は20日、オバマ大統領が25日に訪韓し、非武装地帯(DMZ)を訪問することを明らかにした。オバマ大統領のDMZ訪問は3年余り前の就任以来初だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古