2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:31 Jun 15 2012

J18戦闘機が登場 空母艦載機に内定か

資料写真:ネット上に出回ったJ18戦闘機の写真

 中国人民解放軍海軍副司令官の徐洪猛氏は、中国海軍は今年、すでに4回の試験航行を行った空母「ワリャーグ」の就役を予定していると話した。米誌Defense Newsが報じた。

 中国の空母計画には、中国が「ワリャーグ」をどう入手したか、どう使うつもりか、艦載機を開発するためにどうデータを「盗んだか」などの長い「ストーリー」がある。1998年に香港創律グループ傘下の旅行会社が2000万ドルでウクライナから同空母を購入、海上カジノに改造すると発表したが、空母は中国の大連港に運ばれ、新しいエンジンと設備を使ってこの未完成の空母に対する改修が開始された。

 中国は当初、同空母を主に試験的な訓練と艦船の研究に使い、将来より先進的な空母開発の一助とすると強調していた。しかし西側のアナリストは、同空母が採取的に作戦に使われると確信していた。「危険な道」の著者、バッド・コール氏は「ワリャーグ号を試験と訓練のプラットフォームにすると繰り返し宣伝しているが、中国はそのうち同空母を配備するだろう」と指摘した。

 「わたしは中国が2012年末には空母から航空機を操縦する要点を軽々掌握すると思う。ヘリはわりと簡単…」と話した。中国の瀋陽飛機工業公司は2001年にスホーイ社の許可を得てウクライナから艦載機Su-33の原型機を入手後、殲15(J-15)艦載機の開発を進めている。

 中国の某メディアがかつて、中国が現在開発中のJ-18戦闘機は、「ワリャーグ」号か将来の空母に搭載され、任務を行うだろうと伝えた。06年、瀋陽飛機工業が模造したエンジンと航空電子システムを搭載したJ-18をロシアが確認後、中国とのSu-27SK(J-11A)戦闘機200機の組み立て計画を取りやめた。ロシアは中国がSu-34戦闘機をすでにコピーしたと疑っている。ロシアのメディアは先週、中国がロシアから多目的戦闘機Su-35を48機導入する計画を伝えた。中国側がこれまで知財権協議に反してSu-27を模造し、06年に中国が48機のSu-34の取引をロシアに持ちかけたが数量を12機に減らしたことから、ロシア政府は中国へのSu-35売却を躊躇している。報道によれば、両国の交渉はロシア側が知財権に関して懸念を示し終わったという。

 ロンドン国際戦略研究所のDoug Barrieシニア研究員は知的財産権問題について、「中国の航空産業の発展に伴い、その利益は90年代よりは少なくなっているものの、中国はロシアの航空会社にとって依然潜在的な市場だ」と指摘。さらに、「中国のSu-27、33におけるやり方にすでにロシア側は激怒しているが、戦闘機市場の緊縮によって、中国が48機のSu-35を購入する潜在的可能性が見落とされることはないだろう。この取引が行われる場合、ロシアはよりよく知財権を守り、ロシア機搭載兵器メーカーもこの取引の恩恵に授かろうとするだろう。中国のSu-35への関心から戦闘機獲得に向けた持続的な興味が伺える」と指摘。中国はSu-35戦闘機を通じて戦闘機技術の課題を克服する必要があるとみられる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年3月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古