2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:31 Jun 15 2012

胡錦濤主席:朝鮮半島の緊張緩和の流れの逆転は望まない

胡錦濤主席がソウルで韓国大統領と会談

 胡錦濤国家主席は26日、韓国の李明博大統領とソウルで会談した。両首脳は中韓関係および世界や地域の共通関心事について踏み込んで意見交換。国交樹立20周年と中韓友好交流年を契機に、中韓関係のたゆまぬ発展を促す考えで一致した。

 胡主席は「国交樹立から20年、両国は政治面で円滑な意志疎通を行い、経済・貿易協力を拡大、深化し、友好交流を日増しに活発化し、多国間問題で緊密な意志疎通や調整を保っている。双方が中韓関係の発展の歩みと経験を真剣に総括したうえで、今後の発展計画を立て、新たな歴史的時期において中韓関係をもう一段上へ押し上げ、そのたゆまぬ発展を促すことを希望する」と表明。双方が重点的に取り組む点として(1)政治的・戦略的相互信頼の強化(2)実務協力の拡大(3)民意の改善--を提言した。

 李大統領は胡主席のこの提言に完全に賛同したうえで、中国側と戦略的対話を強化し、相互信頼を深化する意向を表明。「両国の自由貿易協定(FTA)交渉を早期に開始するとともに、中国企業の対韓投資に良好な環境を整備し、経済・貿易協力の新たな目標を早期に達成したい。韓中友好交流年を契機に民間の友好を深めたい」と述べた。

 朝鮮半島情勢について韓国側の見解を聞いた胡主席は「最近、朝鮮半島情勢にまた新たな状況が生じ、国際社会の強い注目を呼んでいる。われわれは韓国を含む関係各国と緊密な意志疎通を保っている。現在、朝鮮半島は非常に複雑かつ敏感な情勢にある。苦労して実現した緊張緩和の流れが逆転する事態は見たくない。朝鮮半島の平和・安定維持のため引き続き各国と共に積極的に努力していきたい」と強調した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古