2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:32 Jun 15 2012

米国、アジアでミサイル防衛システムの構築を検討

 クリードン米国防次官補は26日の会議で、米国が日本、韓国、オーストラリア、サウジアラビア、バーレーン、カタールなどと協力して、欧州のミサイル防衛システムに似た防衛システムをアジア・中東の両地域に構築することを検討していることを明らかにした。イランや朝鮮のミサイルの脅威から米国とその同盟国を守るためだという。

 ロイター通信は、この動きによって米国とロシア、中国との関係がさらに複雑化すると分析。露中両国は自国の安全が損なわれることを懸念するだろうと報じた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古