2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:33 Jun 15 2012

胡錦濤主席、インドのシン首相と会談

シン首相「インドは中国を抑止するような戦略を講じる意図はない」

 胡錦濤国家主席は29日、ニューデリーでインドのマンモハン?シン首相と会談し、中印関係の発展および共に関心を持つ国際的・地域的な重大問題について意見を交わし、新たな共通認識に達した。両首脳は2012年を中国・インド友好協力年とすることを宣言、これをきっかけに中印の戦略協力パートナー関係を新たなレベルに高めるとした。

 胡主席は近年における中印関係の全面的かつ急速な発展を高く評価し、「中国とインドは最大の発展途上国、アジアの大国であり、重要な発展のチャンスを迎えている。中印関係は協力に向けた大きな潜在力と幅広い発展の余地を持っている」と強調した。

 胡主席は中印関係の発展をめぐり、以下の5つの建議を打ち出した。

 (1)ハイレベル交流を維持し、政治的相互信頼を増進し、政府・立法機関・政党・軍隊間の交流を拡大し、様々な対話メカニズムを利用して戦略的交流を強め、海上協力などの新分野で対話を展開する。

 (2)実務的協力を深化させ、互恵・ウィンウィンを拡大し、経済政策の協調性を強め、インフラ建設、情報技術、相互投資、環境保護などの分野で協力を行う。

 (3)人文交流を強め、理解と相互学習を促進し、中国インド青年100人団の相互訪問を継続し、インドでの中国語教育などの重大プロジェクトを着実に行い、観光分野での提携を強め、人的交流を推進し、両国の各地方・メディア間の交流・協力を拡大するよう奨励する。

 (4)意見の相違を適切に処理し、平和と安定を維持し、平和友好、平等・話し合い、相互尊重、相互理解の精神にのっとって、両国の国境交渉を推進し、国境業務に関する話し合い・協調メカニズムを利用し、国境地域の平和を共に維持する。

 (5)意思疎通と協調を強め、国際社会での協力を拡大し、国連、G20、ブリックス(BRICS)などのメカニズムでの協調と協力を強め、気候変動、エネルギー、食料安全などの重大な国際問題に共に対処し、地域社会における対話と協調を強め、共に地域の安全と安定を守り、地域各国の発展・繁栄を促進する。

 シン首相は「インドと中国の関係は21世紀において最も重要な2国間関係の1つだ。両国はいずれも急速な発展に向け努力しており、互いに学び合い、経験を分かち合い、共に発展することができる。インドは中国とのハイレベル交流を維持し、戦略的相互信頼を深め、互恵協力を拡大し、両国の戦略経済対話を着実に実施し、2国間貿易と相互投資の水準を高め、2015年までに貿易額1000億ドルという目標を実現したい。インドは今後、実質的な措置を講じて中国企業の対インド投資と、インフラ建設への参加を歓迎する。また両国の政党、メディア、人文交流を奨励し、相互理解と友情を増進していく。地域・国際社会における中国との協調・協力を強め、共に世界平和、安定、発展の促進に努めていきたい」とした。

 シン首相はまた、「インドは中国を抑止するような戦略を講じる意図はなく、またそのような戦略に参加することもない。インドは西蔵自治区が中国の領土の一部であることを認め、チベット人がインドで反中活動を行うことを許可しない。インドは中国と共に国境地帯の平和を維持し、友好的な話し合いを通じて国境問題を適切に解決したいと望んでいる」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年3月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古