2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:34 Jun 15 2012

日本の新版「東アジア戦略概観」、動的な日米協力強調

資料写真:オバマ大統領と会見する野田首相

 日本の防衛研究所は30日、2012年度版「東アジア戦略概観」を発表した。日本は今後日米同盟を深化させ、「動的な日米防衛協力」を進めていくとしている。

 日本は南西諸島方面における自衛隊のプレゼンスの強化、日米韓・日米豪3カ国安全保障協力などの同盟のネットワーク化の推進、多国間枠組みにおける協力、「武器輸出三原則」の見直しによる国際装備協力の拡大などを行う方針。特に動的防衛力を重視し、自衛隊が将来様々な事態に対応できる能力を向上すると強調した。

 朝鮮半島情勢について、朝鮮の核兵器とミサイルに関する問題は深刻化しており、朝鮮が核兵器の小型化を進め、ミサイルへの搭載が可能となれば、日本および周辺国にとって大きな脅威となり得るとしている。

 中国については、中国人民解放軍は現在装備の近代化向上に力を入れている。中国海軍は西太平洋で遠洋訓練を実施し、ソマリア・アデン輪海域で護衛活動を展開、海空軍はリビアでの中国人退避に成功、国内外にその遠距離作戦力を誇示した。同時に、人民解放軍は軍隊の資質向上に向け、人材育成計画や退役軍人の再雇用にも尽力している。

 防衛研究所は、日本の防衛省の最も重要なシンクタンクで、日本が直面する国際戦略情勢や地域の安全問題について研究し、日本の防衛・安全保障政策、国防や軍の発展計画策定に関わっている。「東アジア戦略概観」は年に1回発表される、総合的な戦略分析レポート。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年3月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古