2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:34 Jun 15 2012

隣国の神経を逆なでする日本 その思惑は?

 人付き合いについて「遠くの親戚より近くの他人」とよく言うが、それは国家間でも同様で、隣国とうまく付き合うことが重要だ。しかし日本はこのほど、立て続けに隣国の神経を逆なでしている。中国国営の新華社通信(電子版)が伝えた。

 朝鮮が先月16日、地球観測衛星「光明星3号」を打ち上げると発表したことに対し、日本は最も大きな反応を示した。朝鮮側の説明に聞く耳を持たず、衛星を打ち落とす姿勢を何度も表明した。領土と国民の安全に配慮する気持ちは分からなくもない。ただ日本には、名実伴う「目に見える軍事大国」への脱皮を図ろうと、朝鮮のミサイル発射や核実験などを口実に軍事力を増強してきた過去がある。
 
 「釣魚島」の領有権をめぐる問題に至っては、さらに活発な動きをみせている。日本は、「釣魚島」付近にある4つの島しょのうち「北小島」を「国有地」として国有財産台帳に記載したほか、新訂版の教科書にも「釣魚島」を日本の領土と明記した。こうした不法かつ無効な小細工は、中国の領土を狙う日本の野心を再び浮き彫りにしている。
 
 韓国ソウルの日本大使館前に「慰安婦の碑」が建てられた問題をめぐり、野田佳彦首相は26日、碑に「日本軍性的奴隷問題」と記述されたことについて、「正確なことが記されているかというと大きく乖離(かいり)している」と語った。この発言は、韓国政府の怒りを買い、日本大使館前では市民による抗議デモが起こった。韓国メディアは、野田首相の「でたらめ発言」の背景には、歴史を反省せず、隣国の感情を顧みない民族主義的な態度が見て取れると指摘する。
 
 日本は「普通の国」となることを夢見ているが、今後も言行を慎まず、過去に犯した戦争の過ちと向き合わないままでは、周辺国の不信感が一層募るだけだ。「普通の国」の夢も夢のままで終わってしまうだろう。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年4月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古