2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:34 Jun 15 2012

朝鮮の衛星迎撃へ イージス艦「きりしま」が出港

横須賀基地を出港するイージス艦「きりしま」(31日午前)

 日本メディアの報道によると、朝鮮が打ち上げる衛星とロケットが日本の上空、領土に落下する事態に備えて、海上自衛隊のイージス艦「きりしま」が31日午前8時前、神奈川県横須賀市にある横須賀基地を出港した。

 「きりしま」は予定の位置に配備された後、同じく海上自衛隊に所属する2隻のイージス駆逐艦「みょうこう」、「こんごう」とともにその場で迎撃の命令を待つという。

 日本は艦対空と地対空による2段構えミサイル防衛を行うとしている。艦対空ミサイルはイージス艦に配備され、射程は3500キロ以下の短距離から中距離の弾道ミサイル迎撃を目的とする艦船発射型の「スタンダード・ミサイル3(SM3)」で、大気圏外で破壊を試みる。撃ち漏らした場合は地上配備の低層迎撃システムに情報が伝わり、地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)が対応する。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年4月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古