2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:35 Jun 15 2012

中国人は発展過程における問題を常に明確に認識している

大国への道は一時を争わず

 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのマーティン・ジャック氏はこのほど英紙オブザーバーへの寄稿で、中国の経済発展の明るい展望を精確なデータに基づき論証した。寄稿は一部の欧米人は傲慢さから中国の台頭を直視せず、依然「中国衰退論」に熱中していると指摘する。

 今年は、中国・アフリカ協力フォーラムと中国・アラブ諸国協力フォーラムの新たな閣僚級会議が開催される。上海協力機構首脳会議が北京で開催される。第2回中国・中東欧諸国経済貿易フォーラムがポーランドで開催される。ドイツのハノーバー工業博覧会は中国を主賓国として招待する。ASEAN、中南米諸国も対中協力の一層の強化を期待している。高まり続ける「中国ブーム」は、中国の発展の成果を国際社会が認めていることを示している。

 30年余りの改革開放を経て、中国は経済規模で世界の2%から10%へと増加し、世界第2位の経済大国となった。WTO加盟後の10年間で中国の貿易総額は5000億ドルから3兆6000億ドルへ跳ね上がった。輸出額は世界首位で安定し、海外資産は1兆5000億ドル、在外企業は1万8000社に達している。世界金融危機は甚大な打撃をもたらしたが、中国は適切に対処し、力強い措置を講じて、厳しい試練に耐え抜き、世界経済にとって回復牽引の重要なエンジンとなった。経済的低迷から抜け出そうと焦る欧米諸国であれ、持続可能な発展の重責を担う新興国や途上国であれ、いずれも希望の視線を中国に注ぎ、中国の将来性を有望視し、中国の日進月歩の都市化を評価し、膨大な中所得層や第12次五カ年計画期間の8兆ドルの輸入規模を評価し、世界の景気回復における中国の重要な役割を評価している。先日、アラブ首長国連邦・アブダビ首長国のムハンマド皇太子が訪中し、中国と共に21世紀の交流・協力の「新シルクロード」を築きたいとの湾岸諸国の意向を伝えた。マレーシアのナジブ首相は中国語と中国文化を学ばせるため子息を中国に留学させる手配をした。ハンガリーのオルバン首相は「中国は正しい道を歩み、未来の希望を代表している。中国と共に歩みたい」と繰り返し表明している。

 中国人は自国の発展過程における問題を常に明確に認識し、発展過程における予測可能または予測不能な試練に対して準備をしている。中国人は引き続き着実に努力し、自国のことをしっかりと処理する。一方で、中国の発展は世界と切り離せない。外の世界が中国の急速な発展に適応するのにも時間が必要だ。一部の人は中国の発展の勢いに心理的バランスを崩し、イデオロギー的な「嫉妬」を深めている。これに対して、われわれは大国の風格を持ち、一時の争いはせず、原則的問題においては断固戦い、根拠なき騒ぎに対しては取り合わないべきだ。中国の発展に対するごく一部の周辺国の懸念に対しては、大国の度量を持ち、一時の強さは誇示せず、善意をより示し、平和的発展と共同発展の実際の行動によって信頼を得るべきだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古