2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:36 Jun 15 2012

日本、新型中距離誘導弾を配備 都市戦向けに設計

 日本は海上自衛隊と航空自衛隊に重点を置き、巨額の防衛費を新型作戦艦艇の建造や新型戦闘機の開発にあててきたが、陸上自衛隊の装備開発を怠っていたわけではない。

 過去に陸上自衛隊が配備していた79式、87式などの対戦車誘導弾は三脚を使って発射することから、機動性が悪く、作戦中迅速に必要な陣地に到着することや、発射後の迅速な移動、反撃回避ができなかった。また、近代の作戦では建物や掩体など多種な目標への攻撃などミサイルシステムに新たな要求が突きつけられるようになった。そのため機動性が高く、多目的に使える新型ミサイルシステムの開発が陸上自衛隊の重要項目となった。

 実際、新型中距離多目的誘導弾は、自衛隊が都市戦向けに設計したもので、戦車など重装甲の目標の攻撃だけでなく、揚陸艦や建築物、堅固なバリケードおよび敵の歩兵部隊に有効な攻撃を加えることができる。

 自衛隊のミサイルシステムから、こうした中距離多目的誘導弾の制動・発射システムはいずれも日本が米軍のハマーをまねて製造した高機動車に搭載され、機動性がかなり高いことが伺える。こうした中距離多目的誘導弾の具体的な技術データは秘密だが、推測するに、こうしたミサイルは高解像のテレビカメラやミリメーターウェーヴレーダーで目標を捜索でき、制動方式が赤外線画像方式とレーザー誘導方式の2種類あり、かなり先進的な性能を備えている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年4月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古