2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:37 Jun 15 2012

釣魚島への日本側のいわゆる「管轄」は中国の主権の侵害

外交部国境海洋局のトウ中華局長

 外交部国境海洋局のトウ中華局長は10日午後、人民網のBBS「強国論壇」に招かれ、新たな情勢下の国境・海洋外交についてネットユーザーと交流した。

 「日本はすでに30年以上中断なく釣魚島を支配している。あと10数年経てば、現代国際法に基づき中国は釣魚島に対する主権を永遠に失うおそれがある。中国政府に何か良い策はあるのか」との質問に、トウ局長は「その言い方は正しくない。釣魚島とその周辺島嶼は中国領であり、昔から『無主の地』ではない。釣魚島周辺海域に対する日本のいわゆる『管轄』は中国の主権の侵害にあたり、不法かつ無効であり、釣魚島とその周辺島嶼が中国に属するという事実を変えることは永遠にできない」と答えた。

 トウ局長は「釣魚島とその付属島嶼は古来わが国固有の領土であり、わが国が争う余地のない主権を有している。釣魚島とその付属島嶼への日本側の不法な措置に対して、中国政府は速やかに厳正な申し入れをし、かつ力強い対抗策を講じて、国家の主権を断固守っている。釣魚島の主権を守るとの中国政府の決意と意志は確固不動たるものであるということを指摘しておきたい」と表明。「釣魚島問題におけるわれわれの立場は明確だ。われわれと日本の間にいわゆる『密約』は存在しない」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古