2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:44 Jun 15 2012

朝鮮「米国を叩きつぶす強大な武器を保有」

報告大会に出席した金正恩氏(前)と金永南氏(後)

 朝鮮人民軍の李英浩参謀総長は25日に平壌で行われた建軍80周年慶祝中央報告大会で、米国を叩きつぶすことのできる強大な現代的兵器をすでに保有していると述べた。新京報が伝えた。

 ■「強大な武器」の詳細は明かさず

 中央報告大会には朝鮮人民軍の最高司令官である金正恩氏以下、金永南最高人民会議常任委員長、李英浩人民軍参謀総長ら党、政府、軍の指導者がそろって出席。李参謀総長は「朝鮮人民軍は強大な現代的兵器で武装しており、米帝国主義を一撃で叩きつぶすことができる」「朝鮮人民軍は英米など朝鮮を挑発する国家に絶えず警戒しなければならない」と述べたが、「強大な現代的兵器」の詳細はなんら明かさなかった。

 ■ベトナム大使館武官「朝鮮は軍事大国と同様の強大な兵器を持っている」

 核兵器疑惑が立ちこめる中、今回の発言に米政府は懸念を募らせると評論家は指摘する。米側は朝鮮がすでに大陸間弾道ミサイル(ICBM)と小型核爆弾の製造能力を持っているのではないかと懸念しているのだ。だが朝鮮にはまだこうした兵器を保有する能力はないと見る専門家もいる。

 24日には朝鮮駐在の各国の武官や大使館員が朝鮮人民軍武器装備館を訪れ、火砲、戦車、装甲車、艦船、軍用機、戦略ロケットなどの兵器を見学した。ベトナム大使館武官は「朝鮮人民軍は世界の軍事大国を十分に迎え撃つことのできる先進的兵器で武装している」と述べた。パキスタン大使館員は「朝鮮の軍民が引き続き国防など各分野でさらなる進展を遂げることを祈る」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月26日

朝鮮のミサイル射程図
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古