2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:44 Jun 15 2012

アジアでの影響力拡大を3つの手段で図る日本

 最近日本は国際的な動きを非常に活発化させている。メコン川流域各国とも、同じアジアの国のインドとも、古くからの友人の米国とも、しきりに連携を進めている。日本が影響力の拡大を望んでいることは、誰の目にも明らかだ。人民日報海外版が伝えた。

 ■「福田ドクトリン」の調整

 日本は最近、メコン川流域について頻繁な動きを見せている。4月21日にはメコン川流域のタイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、ラオスとの第4回首脳会議を東京で開催。この地域の発展を促すため、2013年から3年間で5カ国に総額6000億円の政府開発援助を実施すると表明した。また「東京戦略2012」を採択し、交通網の整備による域内各国の結びつきの強化、東日本大震災やタイの洪水を踏まえた防災協力の強化などを謳った。

 日本政府はさらにミャンマーに対して保有する3000億円強の債権を放棄し、両国間の経済協力拡大の障害を取り除くことを発表した。日本外務省が会議後に発表した文書はメコン川地域について、地政学上の「要衝」に位置し、日本企業の国際市場進出の重要拠点の1つでもあるとしている。

 1970年代に日本の福田赳夫首相は東南アジア外交の原則「福田ドクトリン」で、東南アジア諸国の発展を支援する方針を表明した。現在日本は東南アジアの支援対象国を徐々にメコン川流域の5カ国に定め、この地域での影響力の強化を図っている。

 ■日印協力の推進

 日本はインドとの結びつきも強化している。両国高官は23日、両国関係の一層の発展を図るため、アジア太平洋地域での協力の強化について協議した。2010年後半以降、両国は関係を強化し続け、経済・安全保障分野の協力を緊密化させている。2010年7月に両国は外務・防衛次官級対話「2プラス2」を正式に立ち上げた。同年10月にはシン首相が訪日し、経済協力協定を締結。2011年末には野田佳彦首相がインドを訪問し、海上自衛隊とインド海軍による初の合同演習を2012年に実施することで合意した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古