2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:45 Jun 15 2012

野田首相「中国側と共に日中関係の前進を促したい」

 日本の野田佳彦首相は26日午後、中日友好協会の唐家セン会長と東京で会談した際、中国側と共に努力して、日中戦略的互恵関係の一層の前進を促す意向を表明した。

 野田首相は「中国の発展は日本と国際社会にとってチャンスだ。今年は日中国交正常化40周年であり、両国関係の発展にとって重要な意義を持つ。中国側と共に努力して政治的相互信頼を強化し、人的・文化交流を拡大し、互恵協力を深化し、昨年末の訪中時の中国首脳との重要な合意をしっかりと実行し、日中戦略的互恵関係の一層の前進を促したい」と述べた。

 唐氏は「現在中日関係は全体的に改善・発展基調を維持している。新たな情勢の下で中日関係は新たな発展のチャンスを迎え、重要性が一層際立ってきている。中国は中日関係を非常に重視し、中日友好政策を堅持している。日本側と共に努力して、国交正常化40周年記念と『中日国民交流友好年』行事を通じて、各分野、各レベルの対話・交流・協力を強化し、妨害を排除し、中日関係の健全で安定した前進を促したい」と表明した。

 唐氏は日本の日中友好7団体と「中日国民交流友好年」日本側実行委員会の招待を受け、22日から日本を友好訪問している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古