2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:45 Jun 15 2012

日本が朝鮮半島に最も近い基地を公開

先進レーダーを配備

 日本の軍事基地は比較的オープンで、非公開の基地は少ししかない。このため、ほぼ誰も知らない基地はその神秘性が際立つ。朝鮮のロケット打ち上げ後、航空自衛隊はある秘密基地を初めて公開した。朝鮮半島から最も近い軍事基地だ。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 日本メディアによると、長崎県の対馬の北に海栗島という小さな孤島がある。約200人の航空自衛官とその家族以外には誰も住んでいない。先進レーダー設備を配備しており、4月13日には朝鮮のロケット打ち上げ情報を掌握するため、全レーダーを稼働させ、大量の情報を収集した。朝鮮半島の半分をカバーするレーダーで収集した情報は、福岡県春日基地の防空指令所にリアルタイムで送信される。

 報道によると、海栗島へは対馬市鰐浦港から船で約5分かかる。自衛隊の隊舎とレーダーは共に島の西部にあり、薄緑色のアンテナカバーがはっきりと見える。島の東部にはヘリポートがある。自衛隊基地には食堂、大浴場、娯楽室などの設備があり、軍人とその家族は外の世界と同じく普通に生活することができる。だが防衛機密に属するレーダーサイト内部は外部には非公開だ。基地の安全を確保するため、レーダー関連の機械室は全て地下に設置。通常の民間船舶の停泊も禁止されており、許可を得た船舶だけが接岸し、基本的な生活物資を運ぶことができる。

 海栗島は韓国まで直線距離でわずか40キロ。天気の良い時には釜山を見ることができるため、日本の「国防の最前線」とされている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年4月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古