2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:47 Jun 15 2012

胡錦濤主席:中米は新たな大国間関係の発展に努力すべき

 第4回中米戦略・経済対話が3日午前、釣魚台迎賓館で開幕した。胡錦濤国家主席は開幕式に出席し、重要談話を発表。オバマ米大統領も書面で式辞を寄せた。

 胡主席は談話で「中米戦略・経済対話によって両国上層部の戦略面の意思疎通が促され、互いの戦略の意図と政策に対する理解が深まり、中米関係の発展の方向性に対する共通認識が拡大した。互恵協力が力強く推し進められ、両国民の相互理解と友情が強化された。各分野、各レベルの交流と意思疎通が拡充された。今回の対話では双方が現在に立脚すると同時に長期的視点も持ち、中米協力パートナーシップの構築に向けて探求と実践を続けることを希望する」と指摘した。

 また「中米は現代世界最大の発展途上国と最大の先進国であり、中米関係の持続的・健全・安定的・前向きな発展は、両国民に確かな利益をもたらすのみならず、世界の平和・安定・繁栄の促進にも貴重な貢献となる。国際情勢がどう激変しようとも、両国の国内状況がどう推移しようとも、双方は協力パートナーシップの構築を断固推進し、両国民が安心し、各国の人々が落ち着くことのできる新しいタイプの大国間関係の発展に努力すべきだ」と強調した。

 胡主席は、こうした大国間関係の発展に必要な点として(1)革新的思考。革新的思考と的確な行動によって、経済グローバル化時代における大国間関係発展の新たな道筋を探る(2)相互信頼。われわれのこの惑星には中米両国や他の国々の共同発展に十分な広大な空間がある(3)平等と相互了承。互いの利益の関心を尊重し、配慮し、溝を適切に処理する(4)積極的行動。各合意をしっかりと実行に写し、幅広い分野で実務協力を推進し、両国や各国の人々が中米協力のもたらす利益をしっかりと享受できるようにする(5)親善。両国社会各界の交流を積極的に推進し、中米友好協力により多くの人々が参加し、支持するようにする--を挙げた。

 オバマ大統領は式辞で「米国は相互尊重と利益共有に基づく米中協力パートナーシップの構築に揺るがず尽力する。米中双方は上層部の頻繁な交流を通じて、効果的な意思疎通の枠組みを立ち上げた。米中戦略・経済対話によって米中関係の広がりと深さ、双方協力の能力がはっきりと示された。意思疎通が深まり、相互信頼が強化され、協力が深まり、米中両国が二国間、多国間協力を通じて世界の安全・安定・繁栄を確保できることが示された」と指摘。「米中両国は米中関係が将来、歴史の前轍を踏むことはあり得ないと世界に証明することができる。両国は手を携えて、21世紀の直面する経済・安全保障分野の厳しい試練を解決し、信頼と安定の長く続く、希望に満ちた米中関係の発展に向けて強固な土台を固めることができる」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古