2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:49 Jun 15 2012

メコン川中国人船員殺害事件、4カ国の協力で容疑者を逮捕

 先日ラオスで中国とラオスの警察当局に身柄を拘束された、メコン川流域「ゴールデントライアングル」の巨大武装麻薬密売グループの主犯、Naw Kham容疑者が本日、法にのっとって中国側に引き渡された。法の厳正な審判を受けることになる。人民日報海外版が伝えた。

 中国、ラオス、ミャンマー、タイの警察当局の合同捜査の結果、昨年10月5日に中国人船員13人がタイ国内のメコン川で銃殺された事件は、「ゴールデントライアングル」で長年勢力を振るっている巨大武装麻薬密売グループの主犯、Naw Kham容疑者およびその中核メンバーがタイのごく一部の不法軍人と結託して画策し、手分けして実行したとの証拠が上がった。>>タイで中国人船員が襲撃される 12人死亡

 孟建柱公安部長(国務委員)は10日午後、北京に凱旋した特捜チームを出迎え、懇談した際、今回の取り組みについて「中国にとって国際取り締まり協力の模範となる事例だ。事件の全過程と真相を徹底的に明らかにし、被害者の遺族と大衆に満足のいく説明をしなければならない」と述べた。

 【四カ国が連携して犯罪集団に壊滅的打撃】

 事件発生後の昨年10月31日、中国、ラオス、ミャンマー、タイは北京でメコン川流域合同取り締まり協力会議を開き、メコン川流域での4カ国の取り締まり協力体制を構築したうえで、この枠組みの下に情報交換、合同パトロール、治安上の重大な問題への合同対策、国際犯罪の合同取り締り、突発的事件への合同対応などの協力体制を築き、メコン川沿岸の各国民衆に平和と安寧を取り戻すことを決定した。>>メコン川流域法執行・安全協力に関する4国共同声明

 会議後、中国公安部は直ちに合同特捜チームを設置し、捜査を開始。4カ国はメコン川流域の合同パトロールを開始。麻薬密売グループの武装襲撃を何度も撃退し、危険な目にあった各国民数十人を救出し、数千万元に上る経済的損失を直接取り戻した。中国側はまた、他の3カ国に警察業務チームを迅速に派遣し、相手国の取締当局と直接協力して、証拠を集め、計画を研究、策定した。4カ国の取締当局は24時間体制の情報交換ホットラインを設置し、Naw Kham武装麻薬密売グループの拘束に向けた厳重な警戒網を張り巡らせた。6カ月余りの粘り強い努力の過程で、4カ国の取締当局は大量の偵察活動を行い、包囲・拘束行動を繰り返し組織し、Naw Kham武装麻薬密売グループのメンバーおよび事件の主犯を相次いで捕まえ、同グループによる犯罪の証拠を大量に確保した。4月25日には中国、ラオス警察当局の協力の下、同グループの主犯、Naw Kham容疑者の身柄拘束に成功し、同グループに壊滅的打撃を与えた。

[1] [2]

凱旋した特捜チームを出迎える孟建柱公安部長(左)
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古