2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:49 Jun 15 2012

温家宝総理が中日韓首脳会談を主催 (2)

 (4)社会、人、文化交流の拡大。3カ国は国民間の相互理解を深め、国民感情を改善すべく引き続き努力すべきだ。中日韓賢人会議、著名記者円卓会議を引き続き開催。文化協力「上海計画」を実行し、映画・テレビ、アニメ・漫画文化産業の交流と協力を強化する。「キャンパス・アジア」計画を実施し、教育相会議制度を構築する。ビザ手続きを簡素化し、人的往来を円滑化する。青少年交流を継続する。

 北東アジア情勢について温総理は「北東アジアの平和と安定は各国の切実な利益に関わり、持続的な発展と繁栄の実現にとって最も重要な前提条件だ。われわれは対話と交渉による問題の解決を堅持し、各国の安全保障上の理にかなった懸念を重視し、引き続き6カ国協議を推進し、朝鮮半島の非核化を実現し、北東アジアの長期的な安定・平和に尽力しなければならない。喫緊の課題は朝鮮半島の緊張の一層のエスカレートを全力で防ぐことだ。各国は最大限に知恵を発揮し、冷静さと自制を保ち、善意を示し、対立を和らげて、対話と交渉という正しい道を改めて歩まなければならない」と述べた。

 李大統領と野田首相は▽中日韓協力は大規模、広範囲で成果に富み、3カ国に確かな利益をもたらすのみならず、地域の安定と発展にもプラス▽意志疎通と調整を更に強化し、未来志向で、3カ国協力をさらに高い水準へと押し上げ続ける▽自由貿易圏の構築に拍車をかけ、年内にFTA交渉を開始する▽投資協定締結には重大な意義があり、協定の内容を真摯に実行に移す▽持続可能な発展、人・文化分野の交流や協力を強化し、北東アジアの平和と安定を共同で守る----との考えを表明した。

 会談後、中日韓首脳は「投資の促進、円滑化、保護に関する中日韓協定」の調印式に出席したほか、共同記者会見も行った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月14日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古