2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:50 Jun 15 2012

時代後れの論理を打破するのは中国だけの責任ではない

 民族の復興へと歩む道において、中国人はかつてない誇りと希望を抱くと同時に、チャンスと試練の共存する現実の複雑さを実感してもいる。各国との共同発展を真摯に切望する国がしばしば問題視されるのはなぜか?国が強大になったのに一部の大国や追随者から度々無礼な扱いを受けるのはなぜか?

 世界も思案の過程にある。少なくとも一部の人は、中国は大国の覇権争いという古い道を再び歩むのだろうかと考えている。

 大国間のパワーバランスの調整と国際構造の転換が、いくつかの不確定性をもたらすことは避けられない。急速に台頭する中国は国際社会の中心へと着実に歩み、外の世界とのつながりを日増しに緊密化し、発言力と影響力を高めている。中国の発展路線を注視し、推測することはさほどおかしなことはなく、理解できる部分がある。

 だが中国要因を過度に強調し、大国間の対立・衝突という時代後れの論理を打破する責任を全て中国に押し付けるのは公平でも妥当でもない。

 この種の論調には大きな誤りが2つある。

 第1に、中国の台頭が引き起こす効果について、時代の大きな背景の下で考えていない。歴史上、国際構造の転換が平和的方法で実現したことは少ない。一方、大国の台頭が対立や衝突を引き起こした例は枚挙にいとまがない。かつての国際関係システムを主導していたのが「ゼロサム思考」であることが、その重要な原因だ。経済のグローバル化と世界の多極化の深い進行に伴い、すでに平和を求め、発展を図り、協力を促すことが時代の本流になっている。時代の本流に対する十分な認識を欠くと、不可避的にゼロサム思考に回帰し、大国の対立と衝突という時代後れの論理の擁護者となる。

 第2に、中国の台頭について、中国の歴史・文化の大きな背景の下で考えていない。中国人のミーム(文化的遺伝子)と歴史的伝統を軽視し、ひたすら自国の不名誉な侵略・拡張の歴史に照らして中国を推量するのでは、中華文化が誠実な平和の文化であることを信じることも、睦まじさを追求する中華民族の精神的特質を理解することもできない。平和の追求は中華民族の数千年の文明の歴史に刻み込まれ、改革開放から30年余りの平和的発展に具現化されている。

 大国間の対立と衝突という時代後れの論理を打破する責任を全て中国に押し付けることの害も一目瞭然だ。この種の論調は、急速に台頭する中国を世界の大多数の国と対立する側に置くことで、中国の発展を阻止し、抑え込む同盟へ人々を誘導しようと懸命で、圧力をはねのける中国の能力を独りよがりに過小評価している。世界の転変を経験し尽くした中華民族が復興の道を歩むことに道義的な負い目はなく、現実的にも誤っていない。中国がこのために思い上がり、横柄になることはないし、自らの核心的利益を守る際におじけづくこともない。

 急速に台頭する中国が国際社会で演じる役割は、すでにそうであるように、今後相当長期間にわたり、重要性を増していく。中国は平和的発展路線を歩む決意を確固たるものにすると同時に、「時代後れの歴史の論理を打破するのは中国だけの責任ではない」ということを人々に指摘する必要がある。

 国際構造の調整、時代の潮流に沿った国際秩序の形成は、昔からいずれも国際関係の行為主体、特に大国間の相互作用の結果であったのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古