2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:50 Jun 15 2012

「世界ウイグル会議」関係者の靖国参拝について

 外交部の洪磊報道官は14日の定例記者会見で、「世界ウイグル会議」が日本でいわゆる「第4回代表大会」を開き、関係者が靖国神社を参拝したことについて「『世界ウイグル会議』の拙劣な行為がウイグル族同胞を含む国内外の中華民族から唾棄されるのは必至だ。『世界ウイグル会議』の開催を日本側が許可したことに強い不満を表明する」と述べた。

 ----「世界ウイグル会議」関係者が14日に靖国神社を参拝したうえ、日本でいわゆる「第4回代表大会」を開いたことについてコメントは。

 靖国神社は日本軍国主義の対外侵略の歴史の象徴だ。「世界ウイグル会議」の反中分裂分子は日本の右翼勢力と結託し、気脈を通じて、祖国分裂と中日関係の破壊を狙う政治的本質を存分に露呈した。彼らの拙劣な行為がウイグル族同胞を含む国内外の中華民族から唾棄されるのは必至だ。

 「世界ウイグル会議」はテロ組織と極めて密接に結びついた、完全な反中分裂組織だ。日本側が中国側の断固たる反対を顧みず、「世界ウイグル会議」が日本で会議を開き反中分裂活動を行うことをあくまでも許可したことに、強い不満を表明する。新疆ウイグル問題は中国の内政問題であり、いかなる外部勢力の介入も許さない。われわれは日本側に、中国側の重大な懸念を的確に尊重し、悪影響を取り除く措置を講じ、実際の行動によって中日関係の大局を守るよう要求する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古