2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:50 Jun 15 2012

南中国海の休漁期間設定は黄岩島事件と無関係

 外交部の洪磊報道官は14日の定例記者会見で、中国が南中国海の大部分の海域で16日から休漁期間を設定することについて、黄岩島(スカボロー礁)事件との関係はないと表明。「海洋休漁制度は長年実施し続けてきた行政管理措置で、海洋生物資源の保護が目的」と説明した。

 洪氏は「中国側は黄岩島事件について、すでに繰り返し立場を明らかにしている。外交的協議を通じた問題解決を堅持する立場に変更はない」と指摘。「中国側は黄岩島問題における原則的立場をすでにはっきりと述べている。中国の領土主権を尊重し、事態を拡大、複雑化させるいかなる手段にも出ないようフィリピン側に要求する。特に、引き続き世論を煽り立て、自己矛盾した情報を伝えるのではなく、外交的協議を通じた事態解決を堅持すべきだ」と強調した。

 フィリピンのデルロサリオ外相は12日、黄岩島問題においてフィリピンが中国側の要求に同意することは永遠になく、中国側と外交的対話を行っても「臨時合意」の締結が関の山だと表明。「全面的な解決案」を模索する考えを示した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古