2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:52 Jun 15 2012

フィリピン外相「中国との積極的な関係の発展に期待」

 フィリピン・デイリー・インクワイアラー紙(16日付)によると、フィリピン漁業水産資源局は同国漁船による黄岩島(スカボロー礁)での操業を同日から2カ月間禁止すると発表した。同局局長は「今回の措置は中国の休漁令と同日に発効するが、われわれは禁漁期間も(黄岩島海域で)科学研究を行う」と表明。アキノ大統領は同日、中国に派遣する「大統領特使」2人を任命したことを明らかにした。

 フィリピン・スター紙は15日付論説で、中国の休漁令は事態の緩和につながるとの見方を表明。「黄岩島事件でのフィリピン政府の姿勢は信じがたいほど柔軟性を欠き、事態の硬直化を招くものだ。ASEANのパートナーはフィリピンがASEANの共通認識を無視して単独行動に出たうえ、戦闘的姿勢で中国に対処していると考えている。このことでASEANはフィリピンと相当の距離を保つようになった」としている。また、フィリピン大統領が駐中国大使人事をまだ決定していないことを厳しく批判。「この重要な問題におけるアキノ大統領の行動の遅さには驚かされる。現在われわれはどの時期よりも差し迫って、北京で対中関係を処理する駐中国大使を必要としているのだ」と指摘した。

 フィリピンのデルロサリオ外相は16日の演説で黄岩島事件を過去のことにしたいと述べ、中国との積極的な関係の発展に期待していると表明。「フィリピン政府は協議を継続することで危機を平和的に解決できると信じている」と述べた。また、両国は最終的に問題解決策を見いだせるとの見方を示したほか、「中国がフィリピンに経済制裁を実施」との一部報道について「正確でない」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古