2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:52 Jun 15 2012

谷野元駐中国大使:中日は国交正常化の原点に戻るべき

 近年中日両国間では領土問題や歴史認識問題など摩擦が絶えない。両国間の外交に長年携わってきた日本の谷野作太郎元駐中国大使は、両国が国交回復の原点に立ち戻ることが今後の友好発展の基礎になると指摘する。中国新聞社が伝えた。

 谷野氏は日本メディアへの寄稿で「日中国交正常化の原点はまず、日本と中国というアジアの大国が互いの努力を通じて、安定した良好な関係を維持、発展させるという大きな共通認識にある。これは両国の利益であるのみならず、こうした日中関係はアジア、さらには世界の平和と発展という重大な課題にとっても不可欠だ」と指摘。

 第2の原点として「反覇権」を挙げ「この原則は1972年の国交正常化時に発表した共同声明と1978年の日中平和友好条約にしっかりと取り決められている。米中間もこれを認め合っている」と述べた。

 さらに第3の原点として、今もしばしば中日摩擦を引き起こしている「歴史認識」問題を挙げ「様々な原因により、中日両国に今後も様々な波風が立つことは避けられない。だがこうした波風が襲った時には、萎縮するのでも流れに任せるのでもなく、互いに努力して両国関係を適切に処理すべきだ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
gangqi   2012-05-21106.172.173.*
歴史認識の問題は、波風のような自然現象だろうか?問題が日本側にあるのか、中国側にあるのか、はっきりと指摘すべきではないだろうか?
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古