2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:53 Jun 15 2012

日本が慰安婦の碑の撤去を要求、米側は拒否

写真:「慰安婦の碑」

 ニューヨーク・タイムズ紙(18日付)によると、日本から2つの代表団が5月に米ニュージャージー州パリセイズパーク市を相次いで訪れ、公園内に建設された慰安婦の碑の撤去を求めた。市側はこれに強い驚きを表明し、拒否した。この要求は直ちに日韓関係に緊張をもたらし、ニューヨークの韓国系住民団体が全米にさらに多くの慰安婦の碑を建設するよう要求する事態を招いた。中国網絡電視台が伝えた。

 慰安婦の碑は第二次世界大戦中に日本軍の性奴隷にされた何万人もの女性(その多くが朝鮮、韓国出身)のために2010年に建設された。米国唯一の慰安婦の碑で、民間団体「韓国系米国人有権者委員会」が建設を提案した。

 委員会の弁護士によると、ここ1週間に少なくとも5つの韓国系コミュニティー組織から、地元に慰安婦の碑を建設したいとの電話があった。

 ジェームズ・ロトゥンド市長によると、日本側の働きかけは先月末に始まった。ニューヨークの日本総領事館から市側に会見の申し込みがあったが、「日米関係について」と言うのみで詳細は明かされなかった。今月1日、日本側総領事が代表団を引き連れて訪れ、最初の会見が行われた。総領事は最初に自分の仕事について話しただけで、すぐに話題を変え、2通の文書を取り出して大声で朗読した。1通は1993年の「河野談話」、もう1通は2001年の小泉純一郎首相(当時)による慰安婦に関するおわびの手紙だ。総領事は続けて「日本政府はこの碑の撤去を希望する」と表明。さらに桜の木、書籍、および「われわれの溝ではなく団結を示す何か」を寄贈する意向を示した。

 同席した韓国系のジェイソン・キム副市長は「全く自分の耳を疑った。全身の血がたぎるのを感じた」と言う。

 その後も日本側はあきらめず、議員4人からなる代表団を6日に派遣。慰安婦は日本軍に強制されたのではないと市側を説き伏せようとした。市長は「彼らは『慰安婦は他の組織が捏造した物語であり、嘘だ。兵士の世話のために軍が金を払って雇った女性だ』と述べた。私は碑の撤去はしないが、来訪に感謝すると述べた」と振り返る。

 1993年8月4日、日本の河野洋平内閣官房長官(当時)は日本政府を代表して「慰安婦」問題に関する調査結果を発表。第二次世界大戦時に日本軍が「慰安婦」を強制徴用し、「多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた」ことを認め、おわびと反省の気持ちを表すとともに、歴史教育を通じて「慰安婦」の史実をいつまでも記憶にとどめたいとする談話を発表した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:2

   

最新コメント
gangqi   2012-05-21106.172.173.*
日本側が旧日本軍の組織的関与がないと主張する根拠は、そうした証拠が見つからないということに過ぎない。帝国陸軍の名誉を汚すようなことをするな、という文書は残り、兵士の強姦や殺傷を停止するため、内務省にしかるべき措置を要請したという文章は残っている。直接、関与したと思われるのは困るが、内々に処理してくれと言っているかのようなものだ。関係書類の大量の破棄で真相は分からないが、その責任は、日本側にあり、証言を事実と異なると証明する立証責任は、文章を破棄した日本側にあり、反論できなければ、その証言を証拠として採用すべだ。通常の常識で考えれば分かることだが、なぜか日本の政治家には通じない。当時の関係者が多いためではないかと思われる。
gangqi   2012-05-21106.172.173.*
最近、日本国内で右翼活動が活発になっている。例えば、石原都知事の尖閣諸島発言などだが、このように右翼活動が活発になると、不思議なことに、異常気象(東京の春の暴風雨、ヒョウやあられ、竜巻)や,自身などの地殻変動(東京で震度4、千葉で震度5)、更に、先日来から続く北関東の原因不明のホルムアルデヒドの水道水混入事件などの異常な事故が連続する。神奈川県側には、全く影響ない。地殻変動は、太平洋プレートであり、神奈川県のフィリピンプレートとは無関係だからだ。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古