2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:53 Jun 15 2012

台湾への武器売却を鼓吹する米下院の法案に断固反対

 外交部の洪磊報道官は21日の定例記者会見で、米下院の可決した法案が中国の軍事力発展の問題を騒ぎ立て、台湾への武器売却を鼓吹していることに断固たる反対を表明した。

 米下院は先日、「2013年度国防権限法案」を可決した。これには中国の軍事力発展をでたらめに評論し、F-16C/D戦闘機の台湾への売却を求めるなど中国に関わる内容が含まれる。

 洪氏は「この法案の中国関連の条項が中国の軍事力発展の問題を騒ぎ立て、台湾への武器売却を鼓吹していることに中国側は注意を払っており、断固たる反対を表明する。中国は平和的発展路線を堅持している。一部の者が『中国脅威論』を騒ぎ立てるのは、全く根拠のない無責任な行動だ。台湾への武器売却を鼓吹するのはなおさらに1つの中国政策と中米間の3つの共同声明への深刻な違反であり、中国への深刻な内政干渉だ。中国は米議会の一部に対し、冷戦思考を捨て、台湾への武器売却の推進を止め、中国の内政に干渉するあらゆる誤った行いを止め、中米関係と両国の相互信頼にプラスになることをするよう促す。その反対のことをするのではなくだ」と強調した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古