2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:53 Jun 15 2012

米国の流布する「中国の軍事的脅威」は全くの誤り

 国防部の耿雁生報道官は米国の2012年度版「中国に関する軍事・安全保障年次報告書」について、米国の流布するいわゆる「中国の軍事的脅威」や「中国の軍事力の不透明性」には何の根拠もなく、完全に誤っているとする談話を発表した。

 耿氏は「米国防総省は先日、中国側の一貫した反対を顧みず、いわゆる2012年度版『中国に関する軍事・安全保障年次報告書』を議会に提出し、引き続き中国の正当な国防力、軍隊整備にでたらめな論評を加え、いわゆる『中国の軍事的脅威』や『中国の軍事力の不透明性』を誇張し、いわゆる台湾海峡両岸の軍事的不均衡を騒ぎ立て、中国の宇宙・サイバー安全保障政策を問題視した。中国はすでに米側に厳正な申し入れをし、強い不満と断固たる不満を表明した」と述べた。

 また「中国の国防力、軍隊整備は国の主権、安全、発展上の利益を守り、安全保障上の様々な脅威に対応するために必要であり、主権国家として正当な権利である。中国は平和的発展路線を堅持し、防御的な国防政策を遂行し、常に明確で透明な戦略的意図を保ち、たゆまず対外軍事交流を拡大し、軍事的相互信頼の強化に努めている。米側の流布するいわゆる『中国の軍事的脅威』や『中国の軍事力の不透明性』には何の根拠もなく、完全に誤っている」と述べた。

 さらに「米側は両岸関係の平和的発展という事実を顧みず、両岸の軍事力の不均衡を意図的に騒ぎ立て、両岸関係に水を差して、台湾への武器売却の口実を得ようとしている。中国はこれに断固反対する。米側は中国側からのサイバー攻撃を疑っているが、こうした論調は現実と一致しない」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古