2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:54 Jun 15 2012

慰安婦問題をめぐり韓日が米国で暗闘

 慰安婦問題をめぐる韓日間の争いはすでに長いこと続いているが、最近ではその主戦場が米国に移る形勢すら呈している。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 韓国聯合ニュースによると韓国系米国人有権者センター(KAVC)は2010年10月、1万ドルを調達して米ニュージャージー州パリセイズパーク市の市立図書館前に慰安婦の碑を設置した。碑には「日本帝国主義の軍隊は婦女および少女20万人以上を連行して従軍慰安婦にした。彼女らの被った恐ろしい人権侵害を忘れてはならない」と明記されている。

 これを不快に思った日本側は、ニューヨーク総領事が今年5月1日に市側を訪れ、「慰安婦の碑は米日関係の発展を妨げる」として、「桜並木の造成、図書館への書籍寄贈、米日交換学生事業の新設」などの巨額投資を条件に碑の撤去を求めた。今月6日にも自民党の衆院議員4人が同様の目的で市側を訪れた。

 米ニューヨーク・タイムズ紙(18日付)は市側が日本のやり方に大変驚き、要求を拒絶したと報じた。市側は「慰安婦の碑は日本政府への批判が目的ではなく、戦争の悲惨さを後世に伝えるため」としている。

 5月18日には自民党の「領土問題特命委員会」委員長を務める石破茂氏がこの件で首相官邸を訪れ、米側に圧力をかけるよう政府に求めた。石破氏は外務省も訪れ、米側に抗議するよう玄葉外相に求めた。同委員会はこの問題についてオバマ大統領に回答を求める署名活動も行っている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
gangqi   2012-05-24106.172.173.*
先日のNYTの報道には驚かされた。外務省ではなく、首相のアタッシェの一員らしい。欧州や米国では当然の問題が、日本には理解できず、慰安婦問題への対応を褒められたと思い込んだらしい。先の都知事といい、今回の首相随行員といい、日本の右翼にはウンザリするが、怖くて、ものが言えない。東京は、ヒステリー状態が、ますますひどくなり、パニックを起こしやすくなっているようだ。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古