2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:55 Jun 15 2012

中日友好には双方の共同努力が必要 (4)

「週刊!深読み『ニッポン』」第18回

 日本の人々は中国経済の強大化が、歴史の発展の必然であるらしいということを明確に認識しているはずだ。小泉政権時代から現在の野田佳彦首相までずっと、多くの日本人が様々な場で「日本にとって中国の発展はチャンスだ」と述べてきたのを覚えている。

 中国側も、中国経済の急速な発展の成果を他国が分かち合うことを希望すると対外的にしばしば表明している。

 「友好」は感性の話だと言うのなら、感情があって初めて「友好」を語り、親しみを語り、問題に遭遇しても寛容になり、譲歩できることになる。それなら「友好」の「感情的基礎」がない、または「感情」的距離が不十分だが、互いに協力を現実的に必要としている場合、現実に向き合って「互恵とウィンウィン」を中日関係の現実的境界とすることができるのではないだろうか?

 日本の横路孝弘衆院議長がかつてメディアに述べたように「近年、日本では貧富の格差が拡大し、失業率が上昇し、社会の不安定要素が増え、国民は政府への不満を強めている。こうした状況では民族主義感情が生じ、小さな外交問題の拡大を招きやすい。日中は相互信頼のメカニズムを構築し、両国首脳間と民間の相互理解、信頼を促進すべき」なのだ。

 実際、中国がそうでないことがどうしてあろうか。(文:周冬霖・中日関係史学会理事、中日桜花文化交流センター主任)(編集NA)

 (本文章は人民網日本語版の著作権コンテンツです。書面による許諾がない限り、同コンテンツを無断で転載することを禁じます。)

 「人民網日本語版」2012年5月25日

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古