2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:55 Jun 15 2012

中国周辺でつまらぬ策略を繰り返す日本

 日本主導の下、26日の太平洋・島サミットでは海上安全保障問題が初めて話し合われた。太平洋の島国への多大な援助は「政治目的」との疑いを自らがもたれている時に、野田佳彦首相は中国が「金銭外交」で地域への影響力を拡大することに警戒するよう呼びかけた。28日には日本の軍艦3隻が中国と激しく言い争っているフィリピンを「親善訪問」する。日本はフィリピンへの巡視艇の供与も計画している。南中国海紛争について「見て見ぬふりをしてはいけない」と公然と鼓吹する日本メディアは、中国とフィリピンの対立は釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題にとって警告であり、日本の行動によって中国は熟考するようになるとしている。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 「釣魚島購入から各種の軍事演習、外交的な陣営構築まで、最近日本は中国をねらった動きを活発化させている。あらゆる事で中国と争う雰囲気を形成し、中国をアジア太平洋の悪のドラゴンとして描こうとすらしている」。在日学者の庚欣氏は27日の取材にこう述べる一方で「つまらない策略を繰り返していることは、日本には中国の重大な脅威となる力はなく、面倒を起こしているだけであることをまぎれもなく物語っている」とも指摘した。

 沖縄で開催された第6回太平洋・島サミットについて産経新聞は27日付で「今回のサミットではこれまでと異なり、海上安全保障問題が初めて話し合われ、国際法と海洋ルールを遵守することの重要性が強調された。これには間接的に中国を牽制する意図がある」と論評。「野田首相はサミット終了後、特定の国を念頭に置いたものではないと強調したが、これは建前にすぎない」と報じた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古