2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:55 Jun 15 2012

台湾、早くて6月にも巡視・取締り艇を南沙諸島に増派

 台湾「中央社」の報道によると、国民党の詹凱臣「立法委員」は26日、台湾「海岸巡防署」が早くて6月中にも南沙(英語名スプラトリー)諸島に多機能巡視・取締り艇を増派する見通しであることを明らかにした。人民日報海外版が伝えた。

 詹氏によると、先日南沙諸島を視察した際、同氏は太平島に配備されているM8快速艇に乗ったが、これはわずか2.5トンと非常に小さく4-5人しか搭乗できない。「海巡署」幹部は早くて6月中にも6トンの多機能巡視・取締り艇1隻を太平島に配備し、後に同等の多機能巡視・取締り艇をさらに1隻配備すると口頭で報告した。

 詹氏と同じ国民党の林郁方「立法委員」らは先日、南沙諸島を視察し、台湾「海巡署」の駐留部隊を激励した。

 林氏は「『海巡署』の計画を支持する。海上犯罪を取り締まるだけでなく、将来駐留部隊の補給にも役立つ」と指摘。「太平島の埠頭を整備する必要がある。今はまともな埠頭もない。埠頭の整備を急げば、将来さらに大きな船を配備することもできる」と述べた。

 太平島は南沙諸島最大の島。台湾はすでに1150メートルの滑走路を建設した。1950年代中期以降、台湾はずっとこの島を支配し、主に漁師の中継拠点として利用している。南中国海情勢の動揺を受けて、最近射程6100メートルの迫撃砲も配備した。

 ■両岸の連携を恐れる関係国

 林氏はさらに「太平島以外に、現在ベトナムが支配している敦謙沙洲も本来は台湾のものだ」と指摘。ベトナム船の活動が活発化していることを受け、台湾に属する中洲礁が将来ベトナムに支配されることのないよう、同礁に恒久的な施設を建設して「主権」を示すよう当局に提案した。

 だが島内の軍事力では力不足だ。このため台湾島内ではメディアから退役将校、さらには大学教授まで、両岸が協力して南沙諸島を守ることを求める声が止まない。国務院台湾事務弁公室の範麗青報道官は先日の記者会見で「中国は南中国海諸島とその周辺海域に対して争う余地のない主権を有す。これを守る責任は海峡両岸双方にある」と指摘。「両岸による南中国海の共同開発は良いアイディアだ」とも述べた。

 関係国は南沙諸島問題で両岸が連携することを非常に恐れている。蔡得勝氏は21日、フィリピン、インドネシア、ベトナムなど周辺国の高官が公または水面下で、大陸と連携しないよう台湾に再三要求していることを明らかにした。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古