2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:56 Jun 15 2012

中国社会科学院「米国は中国の台頭を阻めない」

 中国社会科学院は29日、北京で2012年度「米国白書」を発表した。白書は米国の戦略の東方シフトに伴い、中米関係に3つの大きなマイナスの変化が生じていると指摘し、重大な問題において中米間で一層の共通認識の形成を図り、相互信頼を強化することが、協力パートナーシップから新しいタイプの大国間関係への転換を実現する現実的な道だとしている。中国新聞社が伝えた。

 白書は金融危機の影響下で、中米両国のパワーバランスに重大な変化が生じていると指摘。次の3点を挙げている。

 (1)両国のパワーバランスの変化は次第に深く、不可逆的なものになり、両国の戦略心理に微妙な変化を引き起こしている。

 (2)両国の戦略基盤に新たな変化が生じている。米国が戦略の重心をアジア太平洋にシフトすると公に宣言したことで、米国とアジア太平洋の大国である中国との戦略面の摩擦が一層顕在化している。

 (3)両国関係の直面する国際、国内環境に同時に新たな変化が生じている。

 白書は「予測可能な未来において、中米は中国の総合的実力の高まりに伴い、アジア太平洋地域で『競争』関係になる可能性がある。こうした競争関係は政治、経済、外交、軍事、地域安全保障など様々な分野に現れてくる。中米の『競争』関係が『対立』状態に変化しないよう、両国共に両国関係を『管理』し、中米の実力の盛衰の状態と将来の発展の趨勢を理性的に評価する必要がある。過度に楽観的な予期も過度に悲観的な予期も中米関係に悪影響を与える」と指摘。

 今年米国で大統領選が行われることについては「歴史的観点に立つと、これまで米大統領選で両国関係の大きな構図が根本的に変化したことはない。2012年も例外ではないはずだ。今年の中米関係発展のカギは、米国の新たな選挙シーズンが中米関係にもたらす短期的な可変的要素を前に、いかにして選挙政治のロジックを正確に把握し、適切に対応し、選挙政治のマイナス効果の軽減に努めるかにある」としている。

 また「中国にはまだ大きな台頭の余地がある。米国にはこれを阻むことも、覆すこともできない。したがって最も有効な共存の方法は、双方が既存の協力基盤を踏まえて、引き続き共通点を探り、共通利益の深層面を探求することだ」と指摘。「重大な問題において中米間で一層の共通認識の形成を図り、相互信頼を強化することが、協力パートナーシップから新しいタイプの大国間関係への転換を実現する現実的な道だ。中米による新しいタイプの大国間関係の構築は他の新興パワーにとって模範となり、平和で繁栄する、安定した国際新秩序の構築への貢献となる」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古