2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:56 Jun 15 2012

在日中国大使館、帰国した1等書記官のスパイ疑惑を否定

楊宇参事官

 日本の読売新聞は29日、他のメディアに先駆けて「中国書記官がスパイ活動家か」との記事を一面トップに掲載し、在日中国大使館の1等書記官が外国人登録証を不正に取得し、銀行口座を開設して、日本企業から数百万円の顧問料を受け取っていたなどと報じた。だが、いわゆる「スパイ活動」容疑の証拠は何ら示すことができなかった。同日夜のNHKテレビの報道番組ではキャスターもコメンテーターも「なぜこの1等書記官がスパイだと言うのかどうしてもわからない」と指摘した。

 翌30日、日本の大手各紙はこの件について勝手な過熱報道をし、すでに離任、帰国した1等書記官の名前「李春光」を公表したのみならず、日本の国会議員や財界人との交流をいずれも「スパイ活動」に携わっていた容疑の証拠と見なした。

 30日午後3時(日本時間)、在日中国大使館は定例記者会見を開催。楊宇参事官(広報担当)が中日韓首脳会談、新疆ウイグル自治区問題、黄岩島(スカボロー礁)問題、中国の太平洋島嶼国政策、人民元と円の直接取引などについて説明した後、「日本メディアの報じた李春光問題」について「李春光氏は2007年7月から在日中国大使館経済部の2等書記官および1等書記官として中日経済交流・協力の推進に携わり、今年5月に任期満了で帰国した。大使館勤務前は中国社会科学院日本研究所の学者だった。李氏がいわゆるスパイ活動に従事していたとの一部日本メディアの報道には根拠がない」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年5月31日

定例記者会見後、記者に取り囲まれる楊宇参事官
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古