2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:56 Jun 15 2012

最近の日本の一連の動きの小さな狙いと大きな流れ

 最近、日本が非常に騒がしい。敏感な時期に練習艦をフィリピンに派遣し、第6回太平洋・島サミットに米国の参加を強く要請し、太平洋島嶼国に今後3年間で5億ドルの援助を約束した。しばらくわめき立てていた釣魚島(日本名・尖閣諸島)購入や、沖ノ鳥礁を基点とする大陸棚拡大は言うまでもない。次々と繰り出す小細工の背後にあるものは何か?人民日報海外版が伝えた。

 5月28日、海上自衛隊の練習艦3隻が5日間の「親善訪問」のためフィリピンに到着した。フィリピン軍当局は型通りの訪問だと強調しているが、日本の軍艦の訪問は米比同盟への支持を表明するとともに、海洋主権問題をめぐる日比同盟を構築することが目的との見方が一般的だ。

 ■慌ただしい動き

 日本は最近慌ただしく動き続けている。4月16日には自衛隊が米比定期合同軍事演習に初参加。5月18日にはフィリピン国防相が、日本が年内に同国の沿岸警備隊に少なくとも巡視艇10隻を供与することを認めた。日本はフィリピンにはたから口を出して加勢し続けている。

 先日閉幕した第6回太平洋・島サミットで各国は「各国の航行の自由の尊重」という趣旨の下、海洋安全保障問題を初めて議題にした。1997年から3年ごとに開催されているこの会議は、日本がことのほか重視しているため、世界の関心も高い。野田佳彦首相は閉幕後の記者会見で、太平洋島嶼国に今後3年間で最大5億ドルの政府開発援助を行うと発表した。野田首相は会議は特定の国を念頭に置いたものではないと絶えず強調しているが、日本メディアはいずれも「中国牽制」が目的だと率直に指摘している。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古