2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:58 Jun 15 2012

各省の党代表大会が終盤へ 民衆の懸念に正面から応える高官 (2)

 ■「トップ」が民衆の懸念に正面から応える

 今期の党代表大会では党と政府の「トップ」による施政報告もより実務的内容になっている。発展の過程における負の問題についても回避せず、民衆の懸念に正面から応え、問題解決への断固たる立場と決意を表明している。こうした中で「個性的報告」も大変注目されている。

 たとえば全文1万6000字余りの広東省党代表大会報告に、業績について述べた部分は1000字足らずだった。「人民の幸福は党と政府が恵んだものとする誤った認識を取り除かなければならない」との汪書記の指摘は、それ以上に大手各メディアに大々的に報道された。民衆の関心が高い腐敗問題についても汪書記は「腐敗分子は誰であろうと、いかに地位が高かろうと、厳重に処罰しなければならない」と述べ、汚職を一掃し、クリーンな政治を目指す断固たる決意を表明した。

 14日に行われた広東省党委員会常務委員とネットユーザーとのオンライン交流会で汪書記はネット上のいくつかの批判的発言について「批判の声を聞くことで、われわれはより考えを明晰にできる」との姿勢を示した。

 上海市の党代表大会報告で兪正声書記は「矛盾を覆い隠さず、問題を回避せず、その場しのぎをしない」と述べ、執政方式の現代化を力強く推進する考えを強調。積極的かつ穏当に政治体制改革を推進し、社会主義民主を拡大する方針も表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月5日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古