2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:58 Jun 15 2012

小沢氏が協力を拒否 苦境に立たされる野田首相

 日本の野田佳彦首相は最近、かなりの苦境に立たされている。野党が様々な妨害をするのは「天敵」として当然であり、過度にとがめるほどのものではない。致命的なのは、民主党内の摩擦が小沢一郎氏の一審無罪判決を受けて決裂の兆しまで呈していることだ。中国青年報が伝えた。

 野田首相は小沢氏と最近2回会談したが、いずれも物別れに終った。野田首相があくまで主張する消費税増税に、小沢氏は終始反対を表明した。野田首相と小沢氏が最終的に決裂した場合、増税法案の衆議院通過は難しいと見られる。野党が優勢の参議院での審議となれば、野田首相は自民党との協力を模索する方向へ重要な一歩を踏み出すだろう。ひとたびそうなれば野田首相は自民党との協力の交換条件として衆議院の早期解散に応じると見られ、結果的に民主党は分裂するだろう。こうした局面を前に、野田首相は第2次内閣改造を行った。

 ■野党に歩み寄り、問責決議を受けた閣僚を更迭

 野田首相は4日、5閣僚の交代を発表した。今年1月に続く2回目の内閣改造だ。

 参議院で問責決議を受けた田中直紀防衛相と前田武志国土交通省を更迭し、後任に森本敏拓殖大大学院教授と羽田雄一郎民主党参院国対委員長を起用。鹿野道彦農林水産相の後任に郡司彰氏を起用し、小川敏夫法務相の後任に滝実法務副大臣を昇格させ、国民新党代表の自見庄三郎金融・郵政改革担当相の後任に同党の松下忠洋復興副大臣を充てた。

 野田首相が今回内閣改造を行い、問責決議を受けた大臣を更迭したのには、野党に妥協し、歩み寄る狙いがある。今月21日の本国会会期末までに衆院での採決を実現するため、野田首相は消費税引き上げを柱とする法案についてできるだけ早く自民党と協議することを望んでいる。

 同日午後、野田首相は官邸で行った記者会見で、新閣僚名簿を自ら読み上げた。民間初の防衛相となる森本敏氏について野田首相は「安全保障分野の第一人者だ。安全保障環境が不透明な中、日本の平和と安全を守るため力を発揮してもらいたい」と述べた。衆院解散・総選挙の時期に関しては「一体改革も大きな要素だ。やらねばならないことをやり抜いた上で民意を問う」と表明した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古