2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:09 Oct 29 2012

人民日報:発展途上の大国が持つ壮大な志と根気強さ

 世界銀行の発表した最新の統計によると、過去30年間に中国では6億人余りが貧困から抜け出しており、世界の貧困撲滅目標の実現への貢献度は70%にも達する。国連の基準では中国ではなお1億人以上が貧困ライン以下の生活をしている。今日の中国という国の属性と発展の特徴が凝縮された数字だ。「人民日報」が伝えた。

 急速に成長し強大化する発展途上の大国である中国は、新たな発展段階へ邁進するに十分な実力を備えている。中国人には経済成長の奇跡を創造する能力があるし、環境保護などの分野でも必ずうまく、そして速く歩むことができる。青空と白雲の下で暮らし、すがすがしい空気を吸うことは、幸福指数の向上に向けて中国人が求めているものであり、環境にやさしい発展のあるべき姿でもある。

 急速に成長し強大化する発展途上の大国である中国の環境の質は全体的に落ち着いているが、依然として厳しい状況にあり、先進国とはまだ明らかな開きがある。中国にとって新たな段階へと進むうえで常に重要な原動力の1つとなっているのが、より高い基準を手本とすることだ。だが現実を超えることは不可能だ。PM2.5などの環境保護基準においては、まだ比較的低いレベルの国際基準を採用せざるを得ない。

 中国の発展は正念場にあり、巨大なチャンスを迎えると同時に、厳しい試練にも直面している。重大な方面で要の数歩をしっかりと歩むには、科学的計画と同時に、成熟した理性に基づく国民の心構えが必要だ。こうした心構えには基本的国情に対する正確な理解が不可欠だし、理想と現実の間でバランスを図る冷静な意識も不可欠だ。

 先進国の基準は良いには良いが、その背後には歴史、文化、伝統の支えと、百年以上の工業化の蓄積がある。途上国は先進国が昔歩んだ道をのんびりと後からたどることはできないし、飛躍的発展への壮大な志を怠ることも許されない。さもなくば途上国にはさしたる前途がないし、先進国との格差も広がっていくばかりだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古