2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:59 Jun 15 2012

人民日報:発展途上の大国が持つ壮大な志と根気強さ (2)

 一方で、先進国を追いかける過程で途上国が苦境に立っていることも明らかだ。産業構造の調整に直面し、発展は速度を維持することしかできず、雇用圧力の緩和を必要とし、民生問題の早急な解決も要すが、これらに対応するための国の資源は非常に限られている。このため、国の発展計画は理性的、科学的かつ綿密なものでなければならず、ごくわずかの衝動的決定や勝手気ままも許されない。特定の分野を一面的に強調すれば、「急いては事をし損じる」となるし、ひどい場合には全体を乱し、発展のチャンスを失することにもなる。実情に即さずに先進国の基準を目標にしても焦燥感を助長するだけで、発展への自信が揺らぐことすらあり得る。

 過去30年余りの改革開放は、外の世界と緊密に働きかけ合い、国際基準に合わせようと努力してきた過程でもある。この過程の助けがあって、われわれは視野を広げ、発展構想を明確に整理すると同時に、「中国国内の事をしっかりと処理するには、やはり中国人自身に頼らなければならない」ということにも明確に気づいたのだ。

 理想なしに追求する発展が不完全なものに終るのは必定で、現実認識を欠く発展が大きな成果を上げることも不可能だ。急速に成長し強大化する発展途上の大国である中国には壮大な志と根気強さが十分にある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月7日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古