2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:59 Jun 15 2012

日本の駐中国大使が釣魚島「購入」に反対し、外務省が注意

 日本の藤村修官房長官は7日午後、丹羽宇一郎駐中国大使が東京都の釣魚島(日本名・尖閣諸島)「購入」に反対する発言をしたことについて、外務省が注意したことを明らかにした。外務省は丹羽大使の発言は日本政府の立場と違うとしている。「北京晨報」が伝えた。

 藤村氏は「丹羽大使の発言を政府の見解と取るのは間違いだ。政府は釣魚島を平穏かつ安定的に『管理』するための方策について様々な検討をしている。政府は『購入』計画を発表した石原慎太郎東京都知事の意向を確認している」と述べた。

 丹羽氏は先日、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで「東京都の釣魚島購入計画が実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらし、過去数十年間の友好関係が水泡に帰す」と述べた。

 「日本新聞網」によると丹羽氏は現実主義者。日本政府の高官が石原慎太郎氏の釣魚島「購入」計画を公に批判したのは初めてだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月8日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古