2012年7月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Jul 24 2012

野田首相が内閣改造 自民党との協力は待ったなしの状況に

「週刊!深読み『ニッポン』」第20回
日本の野田佳彦首相は4日、内閣を再改造し、参議院の問責決議を受けた田中直紀防衛相と前田武志国交相を含む5大臣を交代した。防衛相に森本敏氏、国土交通相に羽田雄一郎氏、農林水産相に郡司彰氏、法務相に滝実氏、金融・郵政民営化担当相に松下忠洋氏を起用した。

 「週刊!深読み『ニッポン』」

 野田佳彦首相は4日、内閣改造を行った。大多数の日本国民は行政改革の推進と経済回復が消費税引き上げの前提条件だと考えているが、野田首相はその反対に、先に税率を引き上げて現在の財政危機を解決しようと決意。そのためには野党・自民党からの内閣改造の要求に応じることも辞さず、自民党との協力に向けた土台固めまでした。(文:陳言・日本問題コラムニスト/日本産網站CEO)

 この内閣改造に、取り立てて真新しい発想はない。経済の先行きを示す株式市場に目を向けると、東京の株価はすでに20年前の水準にまで落ち込み、「失われた20年」という見方を繰り返し裏付けている。消費税引き上げ以外に現状を変える対策はないかのようだ。野田内閣への不安や政治不信が一段と深まる中、政治の中心である永田町では、野田首相が最終的に自民党との大連立を実現できるか否かにかかわらず、7月に内閣解散・総選挙が行われるとの噂がひそかに立ち始めている。

 ■人材が極度に不足している民主党

 今回の内閣改造の最大の目玉は、軍人出身で後に外交官を務めた森本敏教授の防衛大臣就任だ。森本氏は現在拓殖大学に勤務し、日米軍事同盟の強化と米国追従を強く主張している。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古