2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:01 Jun 15 2012

東アジアの「サイバー戦争」勃発はすでにSFではない

 中東で猛威を振るうコンピュータウイルス「Flame」は、サイバー戦争がもはやSF映画の中の出来事ではなく、すでに現実世界で起きていることを人々に認識させた。東アジアではまだスーパーウイルス蔓延の情報は聞かれないが、米日の引き起こすサイバー兵器軍拡競争はひそかに始まっており、「サイバー戦争」は一触即発の状況にあるのかもしれない。「日本新華僑報」が11日付で報じた。

 コンピュータウイルス「Flame」は中東の多くの国々のネットワークを焼き焦がし、おびただしい数のコンピュータがスーパーウイルスに感染し、標的型サイバー攻撃によって重要機関多数のネットワークが麻痺した。

 今年5月末にロシアのネットセキュリティ専門家がスーパーウイルス「Flame」のベールを暴いて以来、「サイバー兵器」に関する話題が再び注目されるようになり、あっという間に各国で「サイバー戦争」に関する報道や論説が溢れた。軍事専門家はより単刀直入に「グローバル・サイバー戦争は全く新たな段階に入った」と指摘した。

 米軍は早くも今世紀初めに、先進技術を備えた巨大なサイバー部隊の創設に着手した。2002年12月、米海軍は他に先駆けて海軍ネットワーク戦司令部を設置。海軍艦隊情報戦センター、海軍ネットワーク・宇宙作戦司令部、海軍コンピュータネットワーク防衛タスクフォースの指揮を統合した。その後、空軍と陸軍もサイバー部隊を創設した。2010年5月、米軍は陸海空軍の全サイバー部隊の軍事行動を統合的に調整するサイバー司令部を創設した。

 米国はサイバー軍の主要任務は政府や軍のネットワークを敵の攻撃から守る防御にあると自称している。だが実際には早くから敵国に対して積極的にサイバー攻撃を仕掛けてきた。イランが長年の制裁と封鎖にも屈さないのを見て、オバマ大統領はイランに対するサイバー戦争の発動を指令した。「オリンピック・ゲーム」という暗号名のこの計画で、米国はイラン・ナタンズの核施設のコンピュータシステムにコンピュータウイルスを送り込み、情報を窃取したうえ、システムの制御を奪った。2008年にウイルス攻撃は効を奏し始め、イランの核計画は著しく遅れた。しかもコンピュータウイルス「スタックスネット」を利用したこのサイバー攻撃は現在もまだ続いている形跡がある。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古