2012年6月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:07 Jun 18 2012

日本は石原をしっかりとしつける必要がある

 中国では昔から「隣近所と仲良くしたければ、ニワトリやガチョウはあまり飼うな」と言う。ニワトリやガチョウは勝手に隣家に入って餌を食べたり、人をつついたりして、いざこざや衝突の種になるからだ。犬を飼う場合はなおさらのこと、外に出て人を咬むことのないよう、しっかりとつながなければならない。狂犬を放って人を咬ませようものなら、隣人になる気など全くなく、皆を敵に回すつもりなのだろう。(文:唐淳風・商務部研究院研究員。「環球時報」掲載)

 日本人はみな石原慎太郎の個性の狂気じみた、極端な部分を知っている。石原はこれまでいざこざを引き起こし続けてきた。まるで誰かを咬まなければ忘れられ、死んだと思われるかのように、自分がまだ息をしていることを証明するために、度々跳び出てきては無闇に咬みついてみせる。石原は30代からヒステリックに中国を攻撃する道を歩み始め、80歳になる今年まで飽きたらずにわめき続けてきた。石原は毎年靖国神社に参拝し、第2の日本の「アジア進出」を夢見、中国が数十の小国に分裂するよう呪詛しているうえ、中国から「釣魚島(日本名・尖閣諸島)を守る戦い」を繰り返し鼓吹している。石原は中国だけでなく、米国にも咬みついている。自己宣伝のため、影響力の大きい相手であればすぐ咬みつくのだ。

 石原の背後に釣魚島「購入」の茶番を演じるよう指図している人物がいるのかどうか今は不明だ。だが石原が4月16日に釣魚島「購入」構想に初めて言及すると、同18日午前にはもう野田佳彦首相が支持を表明した。試しに聞くが、民主党当局は一体何をしたいのだ?


[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古