2012年6月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Jun 19 2012

G20サミット「中国の声を聞く」

 G20サミット中国代表団は17日、メキシコ・ロスカボスでプレスブリーフィングを開いた。朱光耀財務次官がG20サミットについて説明したほか、于平・中国国際貿易促進会副会長がG20ビジネスサミットについて、外交部の秦剛報道局長が胡錦濤主席とメキシコのカルデロン大統領、エチオピアのメレス首相との会談について各々説明した。会場には中国の記者だけでなく米国、日本、スペイン、メキシコなどの大手メディアの記者も大勢駆けつけた。

 スペイン・EFE通信の記者は人民日報の記者に「国際通貨基金(IMF)増資問題においては、中国に代表される新興国の立場や主張が極めて重要だ」と率直に指摘した。G20サミットの取材は3回目という共同通信の清水敬善記者は「日本メディアは欧州債務危機の自助努力、およびIMF増資を通じた外部支援の獲得に大変注目している。今日は中国の声を聞くためにわざわざ来た」と述べた。

 プレスブリーフィングでは深刻化する欧州債務危機について各国の記者から朱氏に質問が相次いだ。

 朱氏は「より繁栄する富強な欧州、より繁栄する統一されたユーロは欧州にとってプラスであり、中国、世界にとってもプラスだ」と強調。「欧州債務危機は現在困難な段階にある。だがわれわれは欧州自身の努力にG20と国際社会の協力が加わることで、欧州は一時的な困難を必ず克服できると信じている」と表明した。

 「IMF増資は国際社会共通の求めであり、各国の共同努力の結果だ」。朱氏の言葉は力強く響き渡った。「現在世界の経済は危機とリスクという特殊な試練に直面している。危機はユーロ圏の債務危機に由来し、リスクは欧州債務危機が他の国や地域の経済成長をも脅かす波及効果のことを指す。今回のG20サミットはこうした危機やリスクを管理するうえで特別な意義を持つ。国際金融情勢の直面する特殊な試練を前に、現在のIMFの運用可能な資金では、加盟国が特殊な困難に直面した際の資金需要を満たすことができない。このため今年4月のG20財相・中央銀行総裁会議はIMFを通じた4300億ドルの資金増強を決定した」と指摘した。

 朱氏は「中国はユーロ圏諸国の欧州債務危機対策を奨励し、支持する。IMF増資問題において、中国は国際社会の共通認識を踏まえ、『欠席することはあり得ない』。具体的な拠出金額は今回のサミットで固まる」と表明。「中国は資金の安全性を強く重視し、安全性、流動性、利潤性に基づく管理・投資原則を厳格に遵守する」と特に強調した。

 「欧州への援助、より適切な言い方をすればわれわれが欧州と協力しているのは、欧州が世界最大の先進経済体であり、中国が世界最大の途上経済体であるからだ。中国・欧州協力は一方的な援助ではなく、互恵・ウィンウィン的なものだ。資金市場面で中国がIMFに財源を提供するのは、単に欧州のためではなく、世界全体の国際収支の安定のためだ。これは世界に対する中国の貢献だ」。

 朱氏はまた、クオータ改革を加速して、世界の経済構造の変化を反映し、途上国の発言権と議席を拡大するようIMFに求める考えを改めて表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古