2012年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Jun 21 2012

米国の保護主義的思考に余り変化はない

 米上下両院が中国人排斥法について相次いで謝罪したことは、間違いなく評価と歓迎に値する。だが一部の米国人の心中にある、保護主義を遂行し、公平な競争を制限する思考には余り変化がない。米上院は昨年、中国人排斥法について謝罪したわずか5日後に、国内外の強い反対も顧みず、人民元切り上げの加速を強要する法案を可決した。下院が中国人排斥法について謝罪した今も、ごく一部の政治屋は選挙をにらんで対中圧力の騒音を上げ続けている。

 不名誉な中国人排斥法はとうに歴史のごみ山に捨てられた。だが美辞麗句に包まれた、中国を排斥し、中国を制約しようとする政治・経済的企ては歴史の舞台から退いていない。これは正義感と歴史意識を持つ全ての人々にとって熟考に値する問題だ。


 米下院は現地時間18日午後4時55分、1882年の「中国人排斥法」を含む過去の一連の中国人排斥法についておわびの意を表する決議を全会一致で採択した。ちょうど130年の長い年月を経て、中国人を侮辱し、排斥した過去の醜い行いについて、ついに米下院が「後悔」を表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古